ル・ソレアル

ル・ソレアル

ラグジュアリー客船「ル・ソレアル」で航く 2019年2月11日出発限定!

添乗員同行 白き大陸 南極上陸への旅16日間

寄港地
ブエノスアイレス、ウスアイア
客船
ル・ソレアル
期間
2019年2月11日~2月26日
料金
1,798,000~2,998,000円
出発地
東京
特記

添乗員同行

日本語スタッフ

詳細はこちら

Tour Information

未知の白い大陸「南極」にご自身の足で上陸。南極滞在中は上陸観光やボート観光で南極の魅力に迫ります。

フランスの香り漂うラグジュアリー客船で優雅に白き大陸「南極」を堪能。地球最後の秘境・南極では厳しくも雄大な自然や野生動物との出会いが感動的です。利用客船「ル・ソレアル」は全室海側、95%がバルコニー付の21㎡~66㎡のゆったりした客室が自慢。フランス船籍ならではのきめ細やかなサービスと洗練された食事に定評があります。

  • 未知の大陸「南極」に上陸観光
  • ペンギン、クジラなどの野生動物との出会い
  • ラグジュアリー客船「ル・ソレアル」で優雅なクルーズライフを約束(※ご利用キャビンはバルコニー、バスタブ付)
  • 南極観光には必需品「パルカ(防寒上着」を無料進呈
  • ご自宅から成田(羽田)空港まで往復のお荷物宅配サービス(1名様スーツケース1個)をご用意いたします。
  • 南極には太古から残る手つかずの雪と氷が織り成す大自然があります。雄大な絶景が広がる神秘の世界にご案内いたします。
  • 南米のパリ「ブエノスアイレス」観光付き
  • 添乗員同行の安心クルーズ
  • 南極事前説明会を開催します。詳しくはお問い合わせください。

Tour Plan

旅行代金・お申込み

客室写真 客室タイプ 旅行代金/お申込み
デラックスツイン デラックスツインバルコニー付のお部屋で広さ約22㎡。ダブルベッド(ツインに変更可)とシャワー付です。

東京1,798,000円お申込み

プレステージステート プレステージステートバルコニー付のお部屋で広さ約22㎡。ダブルベッド(ツインに変更可)とバスタブ付です。

東京1,988,000円お申込み

プレステージ・スイート プレステージ・スイートバルコニー付のお部屋で広さ約44㎡。ダブルベッド(ツインに変更可)とバスルーム(ジャクジーバス)付です。

東京2,998,000円お申込み

共通サービス/アメニティ
  • エアコン
  • ミニバー
  • フラットスクリーンテレビ
  • iPodプレーヤー
  • 金庫
  • ヘアドライヤー
  • バスローブ
  • 電話
  • 110/220V電源
  • Wi-Fi(有料)
  • ロクシタンのバスアメニティ(スイートはソティス)

ル・ソレアルの詳細はこちら

Schedule

スケジュール

日数 日程
1日目

■(名古屋・大阪⇒)成田または羽田⇒

名古屋・大阪より成田または羽田へ
[21:15~00:45]成田または羽田よりドバイまたはドーハへ

機中泊 朝食:―/昼食:―/夕食:機内食

2日目

■⇒ドバイまたはドーハ⇒ブエノスアイレス(アルゼンチン)

ドバイまたはドーハ到着後、乗り換え。空路ブエノスアイレスへ

***** 日付変更線通過 *****

[19:30~21:00]ブエノスアイレス着
入国通関手続きの後、ホテルへ

ブエノスアイレス 泊 朝食:機内食/昼食:-/夕食:機内食

3日目

■ブエノスアイレス

[午前]自由行動
[午後]ブエノスアイレス市内観光

ブエノスアイレス 泊 朝食:ホテル/昼食:-/夕食:-

4日目

■ブエノスアイレス⇒ウシュアイア(アルゼンチン)⇒

[06:00~07:30]ブエノスアイレスよりアルゼンチン国内線にて世界最南端の街「ウシュアイア」へ
[10:00~11:30]ウシュアイア着後、アラクル・リゾートへ。
昼食後、港へ
[午後]「ル・ソレアル」乗船手続き
[18:30]いよいよ待ちに待った南極へ向けてウシュアイアを出港します。船はドレーク海峡へと進みます。

船中泊 朝食:船内/昼食:船内/夕食:船内

5日目

■終日クルーズ

[終日]ドレーク海峡クルーズ。一路南極を目指します。
太平洋、大西洋、そして南極海の交わるドレーク海峡は天候の予測が難しい海峡としても知られています。

船中泊 朝食:船内/昼食:船内/夕食:船内

6日目

■終日クルーズ

[終日]ドレーク海峡クルーズ。一路南極を目指します。
太平洋、大西洋、そして南極海の交わるドレーク海峡は天候の予測が難しい海峡としても知られています。

船中泊 朝食:船内/昼食:船内/夕食:船内

7日目

■[終日]南極半島とサウスシェットランド諸島観光(5日間)

南極収束線と呼ばれる潮境を越えると地理的にも気候学的にも南極地域に入ったことになります。やがて南極大陸が見えてくるとついにこの秘境へやってきた実感が湧いてきます。
ツアーでは上陸観光やゾディアック(強化ゴムボート)によるクルージングで入り組んだ氷河の湾部や氷山のひしめく水路を探検いたします。

主な観光予定地(寄港地は天候やその他の条件により、その日に一番良い場所を選びます。)
ネコ・ハーバー/パラダイス湾/プレノー島/ポートシャルコー/ポート・ロックロイ(基地)/デセプション島/ウエッデル海

船中泊 朝食:船内/昼食:船内/夕食:船内

8日目

■[終日]南極半島とサウスシェットランド諸島観光

南極観光の主な予定観光地<パラダイス湾>
アルゼンチンのアルミランテ・ブラウン基地があり、背後の小高い丘からは息を飲むように美しいパラダイス湾の全景を望むことができます。この一帯の岸壁にはキバナウや極アザラシなどの海鳥が営巣しています。

船中泊 朝食:船内/昼食:船内/夕食:船内

9日目

■[終日]南極半島とサウスシェットランド諸島観光

南極観光の主な予定観光地<パラダイス湾>
アルゼンチンのアルミランテ・ブラウン基地があり、背後の小高い丘からは息を飲むように美しいパラダイス湾の全景を望むことができます。この一帯の岸壁にはキバナウや極アザラシなどの海鳥が営巣しています。

船中泊 朝食:船内/昼食:船内/夕食:船内

10日目

■[終日]南極半島とサウスシェットランド諸島観光

南極観光の主な予定観光地<ポート・ロックロイ>
南極大陸ナンバーワンの観光地。かつての英軍基地で、今では博物館兼郵便局になっており、南極で唯一お土産の買える場所です。南極の切手を貼り、南極の消印で絵葉書も送ることもできます。基地周辺はゼンツーペンギンの営巣地となっています。

船中泊 朝食:船内/昼食:船内/夕食:船内

11日目

■[終日]南極半島とサウスシェットランド諸島観光

極観光の主な観光予定地<デセプション島>
馬蹄形をしたカルデラの島。火山性の地熱のため、海水から湯気が立っていることがあります。

※南極クルーズでは天候等の理由で、予定していた場所への上陸ができない場合や、巡るルートが変更される場合も多くございます。最終的な判断はエクスペディションリーダーと船のキャプテンがいたしますのであらかじめご承知置きください。

※この南極旅行は綿密な計画の元に行われていますが、南極クルーズのルートを出発前に明確にお伝えすることはとても困難です。毎日の気象条件と氷の状態を考慮して最適なルートを進むため上陸地点や順序が変更されることもございます。日程はあくまで目安です。また表記の野生動物についても全てをご覧いただけることをお約束するものではございません。

船中泊 朝食:船内/昼食:船内/夕食:船内

12日目

■終日クルーズ

[終日]ドレーク海峡クルーズ。一路ウシュアイアを目指します。
南極大陸に別れを告げて、再びウシュアイアに向けてドレーク海峡を進路を北に取ります。

船中泊 朝食:船内/昼食:船内/夕食:船内

13日目

■終日クルーズ

[終日]ドレーク海峡クルーズ。一路ウシュアイアを目指します。
船内ではこの南極旅行を振り返る最後のプレゼンテーションが行われます。

船中泊 朝食:船内/昼食:船内/夕食:船内

14日目

■ウシュアイア⇒ブエノスアイレス⇒

[07:00]ウシュアイア入港。朝食後、下船。その後、空港へ向かいます。
[09:00~11:00]ウシュアイアからアルゼンチン国内線にてブエノスアイレスへ
[12:00~15:00]ブエノスアイレス着後、国際線へ搭乗手続き
[21:00~23:30]空路、ドバイまたはドーハへ

船中泊 朝食:船内/昼食:船内/夕食:船内

15日目

■⇒ドバイまたはドーハ⇒

***** 日付変更線通過 *****

ドバイまたはドーハ到着後、乗り換え。空路、帰国の途へ

機中泊 朝食:機内食/昼食:機内食/夕食:―

16日目

■⇒成田または羽田(⇒名古屋・大阪)

[16:00~23:00]成田または羽田着
成田または羽田より名古屋・大阪へ

朝食:機内食/昼食:機内食/夕食:―

Visits Ports

寄港地紹介

ネコ・ハーバー

南極大陸に位置し、ゼンツーペンギンの営巣地や大きな氷河や湾内の素晴らしい景色を尾根から眺めることができます。

パラダイス湾

アルゼンチンのアルミランテ・ブラウン基地があり、背後の小高い丘からは息を飲むように美しいパラダイス湾の全景を望むことができます。この一帯の岸壁にはキバナウや極アザラシなどの海鳥が営巣しています。

ポート・ロックロイ

かつての英軍基地で、今では博物館兼郵便局になっていて、南極で唯一お土産の買える場所で絵葉書も送ることができます。基地周辺はゼンツーペンギンの営巣地となっています。

ノイマイヤー海峡・ルメール海峡

ともに高く聳える岩肌と氷河に囲まれた紺碧の海が見える絶景ポイントです。

ピーターマン島

ルメール海峡をさらに南下した場所にある島で、ゼンツーペンギンの営巣地の生息南限であり、アデリーペンギンも多数生息しています。

デセプション島

馬蹄形をしたカルデラの島。火山性の地熱のため、海水から湯気が立っていることがあります。

Wildlife

南極で会える野生動物

ゼンツーペンギン
ミナミゾウアザラシ
クジラ
ヒゲペンギン

Ship Data

客船紹介

ル・ソレアル
ル・ソレアル

LE LYRIAL

フランスを拠点にするポナンが運航する客船「ル・ソレアル」は、スタイリッシュなヨットタイプで、定員264名と小型。他船では寄港できない小さな港に入るユニークなコースをとっています。フランス料理のフルコースが自慢の、美食の船としても知られています。クルーたちは英語のほかにフランス語を話し、乗客の多くがフランス人。客船「ル・ソレアル」も、同船のクルーズも、フランスのエスプリ香るスタイリッシュなもの。例えばアメリカを拠点にする大型客船とはまったく違った経験ができます。

ガストロノミックレストラン

メインダイニングは、クルーズ船の華。その時間を盛り上げるために、テーブルのセット・お皿のチョイス・料理の盛り付けは当然として、スタッフの作法まで洗練された世界を作り出しています。

ガストロノミック・シップ(食通の船)

手の込んだフレンチのコースディナーには、食にこだわるフランス人乗客をもうならせるほど。芳醇なワインを楽しみながらフレンチのフルコースディナーは格別です。

パノラミックラウンジ

ライブラリーが隣接しピアノが置かれ、テーブルゲームやカードがあり、乗客同士でゲームに興じることが出来ます。アウトサイドデッキやトップサイドデッキへの出入り口になっています。

パルカ/防水防寒上着

内にて防水加工のパルカが配布されます(大人の方のみ)セーター、トレーナー、フリースジャケットなど、暖かい服装の上から着用します。(無料進呈)

ル・ソレアルの詳細はこちら

Tour Plan

旅行代金・お申込み

客室写真 客室タイプ 旅行代金/お申込み
デラックスツイン デラックスツインバルコニー付のお部屋で広さ約22㎡。ダブルベッド(ツインに変更可)とシャワー付です。

東京1,798,000円お申込み

プレステージステート プレステージステートバルコニー付のお部屋で広さ約22㎡。ダブルベッド(ツインに変更可)とバスタブ付です。

東京1,988,000円お申込み

プレステージ・スイート プレステージ・スイートバルコニー付のお部屋で広さ約44㎡。ダブルベッド(ツインに変更可)とバスルーム(ジャクジーバス)付です。

東京2,998,000円お申込み

共通サービス/アメニティ
  • エアコン
  • ミニバー
  • フラットスクリーンテレビ
  • iPodプレーヤー
  • 金庫
  • ヘアドライヤー
  • バスローブ
  • 電話
  • 110/220V電源
  • Wi-Fi(有料)
  • ロクシタンのバスアメニティ(スイートはソティス)

ル・ソレアルの詳細はこちら

Custom made

「クルーズオンリー」から
「オーダーメイド」まで

掲載ツアー以外でも、クルーズのご旅行を承っております。
「クルーズ・マスター」「クルーズ・コンサルタント」が常駐しておりますので、ツアーのアレンジやご希望にそった旅をオーダーメイドでお作りせていただきます。

※「クルーズ・マスター」「クルーズ・コンサルタント」とは?

船会社主催のセミナーや、試験を通じてクルーズの専門知識を有するクルーズ旅行に関するスペシャリストことです。

クルーズ・コンサルタントクルーズ・マスター
  • ある区間のクルーズだけ予約したい
  • クルーズと航空券とホテルを組み合わせて購入したい
  • 希望はあるがどの客船/コースを選べばいいかわからない

クルーズのみの購入や、海外航空券・海外ホテルの予約など、手間のかかることは名鉄観光の「クルーズ紀行」にお任せください。コース紹介、船内の過ごし方・マナーなど、何でもご相談ください。素敵な旅をご提案します。下記掲載のお電話やメールにてお問い合わせください。

Information

お申込み・お問合せ・資料請求

お電話
  • 東京03-5759-8412営業時間 10:00~18:00(月~金)
  • 名古屋052-583-1959営業時間 9:00~17:30(月~金)
  • 大阪06-6311-6622営業時間 10:00~18:00(月~金)

※土・日・祝・年末年始 休業

※東京オフィスにはクルーズに精通した「クルーズ・マスター」、東京・名古屋・大阪には「クルーズ・コンサルタント」が常駐しています。
ご旅行のお申込みはもちろん、疑問や不安のある方もお気軽にお問い合わせください。

クルーズ・コンサルタントクルーズ・マスター

メールフォーム

    クルーズに関するご質問、ご相談、お見積もりなど、何でもお気軽にお問い合わせください。

    メールフォームへ

説明会について

説明会も上記電話・メールにて受け付けております。詳しくはクルーズ相談会についてのページをご覧ください。

相談会の詳細はこちら

パンフレットギャラリー

ページトップへ戻る