部門別仕事紹介

※所属・役職は2019年2月現在のものです。

お疲れ様です。普段は同じ事務所で仕事をしているけど、業務以外で話をすることが少ないので、僕は営業、平尾さんは通関、服部さんは業務と言うことでお互いの仕事についてゆっくり話が出来ればと思います。早速だけど、服部さんは新入社員だけど当社を志望した理由は?
海外と関われる仕事をしたいと思ったのがきっかけで最初は旅行会社を見ていました。名鉄観光は旅行・貨物部門があって最初は旅行の説明会を聞きました。貨物の説明会も話を聞いてみたら自分には貨物の仕事が合うかなと思ったのが入社のきっかけです。
それじゃ、貨物業界をあまり知らずに説明会を聞いたってことだね。説明会で聞いた話と実際入社して仕事をしてギャップは無かった?
業務の仕事はお客様とお話しすることも沢山有って色々なお話が出来て楽しいこともありますが、やっぱり辛いこともありますね。お客様とレートや料金の事で理解を得られない時など…。
結構リアルだね。(笑)平尾さんのこの業界の志望動機は?
大学でサークルの先輩が通関士試験に合格している方が多く興味が湧いて先輩から通関士の仕事内容とか詳しい話を聞きました。あと服部さんと同じで海外と関われる仕事にも興味があったのでメーカーさんとかも見ていましたけど貨物業界志望で就活していました。
学生時代に通関士試験に合格したの?
はい。学生の時に通関士試験に合格しました。学生時代は結構時間もあったので学校に通って必死に勉強しました。
服部さんは通関士の資格って知ってた?
いいえ。知らなかったですね。
僕の時代は就職氷河期と言われた時代だったので中々業界が絞れなかったんだけど金融関係志望だった。まだネットとかが今のように普及していなかったので大学の就職課に通ってた。就職課に行くと飛行機の写真とかが貼ってあってかっこいいなと思って関われる仕事がしたいと思ったのがきっかけだね。だから僕も貨物業界の事はあまり知らなかった。
名鉄観光に入社しようと思った決め手はありましたか?
当社ともう一社金融関係の会社から内定をもらっていたけど将来自分が働いているイメージをした時に海外と関われる国際貨物の仕事かなと思ったね。

小山さんは入社当時からずっと営業ですか?
そうだね。最初の3か月は先輩社員に付いて営業へ行ってた。それから徐々にお客様を引き継いで独り立ちしたね。僕が入社した頃は今と違って車で営業に廻っていたので輸出貨物は自分で集荷したのでセールス且つドライバーのような仕事をしていたね。帰ってくると書類作成も掛け持ちで仕事をしていたけど今はきちんと分業されているね。平尾さんは入社した時から通関の仕事だったよね?通関の仕事は毎日あの分厚い「実行関税率表」とにらめっこで仕事をする訳だけど、ハッキリ言って飽きてきたりしないの?
いいえ、通関の仕事に10年程関わっていますがアパレル製品だったりカバンだったり機械とか毎日違う品物の通関書類を作成しているので飽きることはないですね。沢山のお客様の通関書類を作成しています。
そうだね。当社のお客様は多岐にわたっているから沢山の商材の通関に関われるよね。今までで何か思い出に残っている商品とかある?
本当に沢山有りますが、カナダからのコンテナ2本の海上貨物で組み立てると一軒の家になる貨物でした。ところがコンテナが2本同時に送られてきたのではなくて1本は一か月後の到着でした。2本全部で一軒の家として税関さんに申告するのですがその時はシステムを使って申告することが出来ずにマニュアル申告を初めて経験しました。経験も浅かったので税関さんへ聞きに行くこともあり苦労しました。でも良い経験でしたね。
僕の担当しているお客様は機械を扱っているお客様が多いけど、他にも色々な商品があるね。入社して先輩からのお客様を引き継いで営業活動をしていたけど5年目の時に初めて新規の営業をしなさいと所属長から命令された。新規営業をするのに材料もなくて大変だったけどその時に獲得出来たお客様が今でも当社を利用していただいていて、忙しいけど本当に仕事が充実している。苦労はしたけど会社が沢山の経験をされてくれたね。色々な仕事にチャレンジされてもらえるところがこの会社の良いところだと思う。
私は通関担当でお話しするのは税関さんが多いのでお客様と話すのは大変だなと思うこともありますね。
私は業務なので通関に関する情報が不足していると通関担当の方からお客様にこれを聞いてと言われますが、経験が浅いので知識不足を痛感していて勉強の毎日です。通関士試験の勉強も少しずつですけどしています。来年挑戦する予定です。
話を聞いていると営業・通関・業務それぞれ苦労があるけどお客様からのご要望にお応え出来た時はみんな喜びを感じるよね。

通関担当になると知識を身に付けるために通関士の勉強をと思い必至に勉強しますが、営業の方はどんな風に勉強して知識を身に付けてるんですか?
実際に自分で仕事をしながら分からないことは先輩に聞いたり自分なりに調べたりして知識を身に付けたね。失敗もしたけどそれが成長に繋がってるとつくづく感じるね。服部さんも今は大変だけど苦労したことが報われる時がくるよ。苦労した後の喜びは忘れられないね。服部さんはお客様の所に行ったりもするの?
はい。書類を返却に行くためなどでお伺いすることもあります。
良い事だと思うよ。電話やメールのやり取りよりもお客様に実際にお会いして話をすることが一番だからね。これからもどんどん営業と一緒にお客様を訪問した方が良い。平尾さんは一日に通関書類を何件くらい作成するの?
貨物や書類の量にもよりますが、5~10件くらいですかね。時期によっても違います。繁忙期はめちゃめちゃ忙しいですが、中国が休みに入る旧正月の時期なんかは結構時間に余裕があったりしますね。
僕は営業で航空輸出・輸入と海上輸出・輸入といろいろと担当させてもらっているので週の始めは輸入が忙しかったり、週末は輸出が忙しかったりする。それからメールの量が多いときはやっぱり忙しいね。一つのバロメーターかな。お客様からは見積もりの依頼や問い合わせが多いね。
小山さんは国内外の出張も多いですよね。頻度はどれくらいですか?
決まってはいないけど、海外は昨年香港とタイに出張したね。国内については関西や四国など必要があれば出張してセールスや打ち合わせを行っています。国内については平均すると月一回位かな。
海外出張と国内出張はワクワク感が違いますか?
特に海外はワクワク感と言うよりも知らない土地だし下調べなんかも大変だよ。でも色々な経験が出来るのでこれからは若い人たちにもどんどん海外に出てもらいたいと思っている。二人も海外志向が強いので海外に出たいのでは?
希望はありますけど今は現在与えられた仕事をこなすのに精一杯です。入社前海外研修で香港のコンテナターミナルを見学して、今仕事をしていて海外で見学した事が一つ一つ結びついていってます。知識が身についたらまた行ってみたいですね。違う視点から見られると思います。
当社は入社3年目以上の社員を対象にした海外研修制度があるので是非利用して海外の物流事情も勉強してください。この研修制度は女性も多く利用しているよ。

話は変わってしまいますが、平尾さんはご結婚されていますが仕事と家庭の両立は大変ですか?
当社は結婚後や出産後についても色々な制度があるので働きやすい環境にある会社だと思います。あと、男性、女性は関係なく助け合いながら仕事が出来る環境が良いですね。
僕も男性の立場から見ていて働きやすい会社だと思うね。休みもお互い協力し合って取れてるしね。
私も長く働きたいと思っているので安心しました。営業の仕事って大変だと思っていてストレスも溜まるんじゃないかと思いますが解消法ってありますか。あったら教えてください。
オンオフを分けて休日には家族との時間を大切にしています。仕事もプライベートも充実したいと考えてる。
私は土日の休みは一日ゆっくりして一日は友達と外で楽しんでます。あと半年に一回は海外旅行に行ってます。
良い事だね。普段は営業・業務・通関とチームで仕事をしているけど今日は色々な話が出来る良い機会でした。当社で働くということは仕事内容は違ってもどこかが欠けてしまうと仕事として成り立たないので今後もお客様そして会社の為に頑張っていきましょう。