社員インタビュー

海外駐在

所属部署
上海名鉄国際貨運代理有限公司
入社年度
2004年
名前
上田 隆明
役職
経理

現在の主な業務内容と一日の流れを教えて下さい。

私の主な業務は、現地法人の運営と日々のオペレーション業務、管理です。一日のスタートはメールチェックから始まります。日々、日本の各営業部署および中国の提携代理店から問い合わせや見積もり依頼が数多く来ますので、出来得る限り迅速に対応するよう心掛けています。午後からは業務状況にもよりますが、新規案件獲得に繋げるべく営業活動に励んでいます。私の中国での役割は現地法人の発展はもちろんのこと、日本側営業担当のセールス後方支援、および中国各代理店との橋渡し役になることだと考えています。

海外駐在員として、常に心掛けている事やポリシーはありますか?

日本人の私一人では何もできない=非力であることを認識・自覚する事です。そして何事も誰かにやって頂く感謝の心を持つことを常に意識するようにしています。

海外駐在員として、自分が一番成長したと思うところは何ですか?

赴任当初は日本の尺度しかなく折衝も上手くいかないことが多かったのですが、何度か経験をしていくうちに日本の常識=中国の常識でないことを肌で感じるようになりました。海外で働いて改めて日本のきめ細やかなサービスの素晴らしさを実感していますが、日本にはない中国の独特なビジネス感覚もまた理解できるようになり多角的な視点で物事を捉えることができるようになりました。

海外駐在員として、やり甲斐と苦労することはありますか?

日本からの要望、指示が中国側での実情に合わないことが数多くあり、どのように落としどころを見つけて進めていくかにとても苦労します。毎日の業務を確実にこなして知識を増やし、取引先や中国提携代理店の方から一日でも早く安心して信頼されるような人物になりたいと思っています。