留学に関する基礎知識

語学留学

語学学校の種類
  • 語学学校には「民間語学学校」と大学に併設された外国人向けの語学教育機関「大学付属語学学校」があります。民間語学の中には「オンキャンパス」と呼ばれる大学などのキャンパス内に施設を借り運営している学校もあります。
入学条件
  • 年齢制限(最低受入年齢)が設けられている程度で、一般英語コースにはその他の入学条件はありません。試験対策コースや進学準備コース、ビジネス語学コースなどでは、英語力が中級レベル以上といった条件や、事前にテストを実施するケースがあります。
受講期間
  • 週単位で自由に設定ができる学校、月単位、学期単位で申し込む学校とに分けられます。週単位で申し込みが可能な学校では最低受講週数が決められています。1週間程度の短期留学を検討する場合は、受け入れ語学学校が限られるので、注意が必要です。
留学費用について
  • 留学費用は国、都市、学校、コース、期間、滞在方法などによって大きく異なります。6ヶ月(24週間)の語学留学をした場合、現地生活費も含んだ総留学費用としての目安は以下の通りです。(為替レートにより変動します)
    ■オーストラリア・ニュージーランド:150万円~250万円
    ■カナダ:180万円~250万円
    ■アメリカ:200万円~300万円
利用ビザ
短期から留学が可能なため、観光ビザ、ワーキングホリデービザ、学生ビザでの出発が可能です。観光ビザ以外での渡航の場合、ビザ取得までに時間を要します。
英語圏以外の言語
最近では英語以外の留学も人気です。教養として、旅行の時に便利、など学ぶ理由も様々です。名鉄観光留学センターでは下記の語学留学の手配が可能です。
■フランス語 ■スペイン語 ■イタリア語 ■ドイツ語

ファームステイ

オーストラリアやニュージーランドの本場のファームに滞在するプランです。スケールの大きな農場でのんびりと過ごして大自然を体験してみましょう!

大学留学

最近は高校卒業後の進学先を、日本ではなく海外にする方が増えています。英語力だけでなく、専門知識や国際コミュニケーションスキルを身につける事ができます。名鉄観光留学センターでは、教育水準の高いオセアニアへの大学・大学院進学をおススメしています。

オセアニア(オーストラリア・ニュージーランド)への進学
オーストラリアには国立大学37校と私立大学3校、ニュージーランドには国立大学8校と私立大学1校があります。 大学にもよりますが、規模は数千名にものぼり、国際色豊かです。姉妹提携や世界各国の学生・教職員の交換プログラムも実施しており、活発な国際交流が行われています。
大学進学準備コース
大学学部進学を希望する留学生に対して、専門分野に関連する科目や授業で必要とされる専門用語のガイダンス、ディスカッションやコミュニケーションの仕方、研究・分析の方法など大学で履修するために欠かせない重要なトレーニングを行っています。また、大学学部進学に不可欠な科目の勉強もします。
入学に必要な英語力:IELTS 5.5以上、TOEFL(iBT) 70以上
大学・大学院進学
入学条件としては、英語力と最終学歴の成績です。大学学部(文系)は通常3年間で学士号の取得が可能です。 医学・建築学・工学などの理系コースは修了までに4~6年ほどかかります。学士号を取得している場合は大学院への進学が可能です。修士課程へ進む前に、Graduate Certificate、Graduate Diploma、Postgraduate Diplomaなどのコースで専門知識を深めることができます。大学院留学は専攻によって就労経験、研究能力証明、推薦状などが必要になる場合もあります。
大学入学に必要な英語力:IELTS 6.0~6.5以上、TOEFL(iBT) 80~90以上
大学院入学に必要な英語力:IELTS 6.5~7.0以上、TOEFL(iBT) 90~100以上
専攻
様々な専攻やユニークな専攻を学ぶことができます。
■観光学・ホスピタリティ ■日本語教育学 ■英語教育学(TESOL) ■通訳・翻訳
■環境学 ■海洋生物学 ■理学療法学

高校留学

基本スタイル
卒業留学
日本の中学を卒業後、もしくは高校在学中に高校を辞め、海外の高校を卒業することを目的とした留学。進学先は、公立高校、私立高校、国際高校があります。
1年留学
日本の高校在学中もしくは休学したまま、海外の高校へ1年間(1学年)留学します。留学生を積極的に受け入れる学校もあり、留学生のための準備コースを併設し、集中的に英語を学んでから現地の高校生と一緒に授業を受けることができるようサポート体制を整えています。
交換留学
交換留学を扱う団体があり、その団体を通して留学します。または、学校同士姉妹校を結んで実施しているところもあります。基本的に海外へ派遣されるというスタイルなので、希望の国や都市へ行けるとは限らず、参加するにあたって審査や試験があり、その選考に合格しなければなりません。
入学条件について
入学に際しての条件は学業成績と英語力です。成績は5段階評価で平均3.0以上が望ましいです。英語力がない場合には、留学生のための英語コースで勉強してから一般クラスに入ることになります。ただし、日本での成績は必ずしも絶対的なものではありません。ご本人のやる気や現地の生徒達と親しくなれるかなど性格的な資質も重要視されます。様々なケースがありますので、まずは無料カウンセリングを受けましょう。
留学費用について
学費は国・学校・期間によって異なりますが、目安としては年間100万~200万円。
この他に滞在費(ホームステイ・寮)、教科書代、制服代、生活費、渡航費、留学生保険の保険料などが150万~200万円程必要となります。全てを含めた留学費用は年間250万~400万円程度となります。(為替レートにより変動します)