海外ツアーTOP > 旅パッド > ANAバケーション フィリピン > セブで今話題のジンベイザメと一緒に泳ぐ♪

セブで今話題のジンベイザメと一緒に泳ぐ♪ セブで今話題のジンベイザメと一緒に泳ぐ♪ セブで今話題のジンベイザメと一緒に泳ぐ♪

セブで今話題のジンベイザメと一緒に泳ぐ♪

旅のプロがおすすめする観光プラン。

    ★出発当日の流れ

  • 05:30頃
  • セブ市内のラディソンブルーホテル出発
    朝食はホテルで作ってもらったサンドウィッチ。
    ひたすら車で南下します。(途中、トイレ休憩あります)
    朝早くて大変かと思いましたが、子供たちも大人も車の中で眠っていけたので気になりませんでした。
  • 08:30頃
  • オスロブ到着。
    船に乗り換え、スミロン島へ。台風が近づいていたため、海は大荒れ。
    でも行っちゃうのがフィリピンのおおらかなところ。
    スミロン島
  • スミロン島でまずはシュノーケリング。
    カラフルな熱帯魚がいっぱい! 砂浜には珍しい貝殻やちいさいヤドカリがいっぱいいましたよ。
    シュノーケリング
  • 10:00頃
  • いざ!ジンベイザメに会うために再度、船に乗船。
    この頃になると、台風の影響で波が高くて高くて、、、。それでも行っちゃうところがフィリピンなのね。
    セブ島/ジンベイザメ
  • ジンベイザメポイント到着 やや!前方からカヌーを漕ぐおっちゃん達の一団がエビの匂いとともにやってきた。
    セブ島/ジンベイザメ
  • よく見れば、カヌーの下に複数の大きな魚影が!
    おっちゃん達はジンベイザメを手懐けるためにエビを餌にしてたのだ。
    セブ島/ジンベイザメ
  • 出たー!ジンベイザメ、吸い込まれる~!
    ※ジンベイザメの口は小さいため、人間は吸い込みません。
    セブ島/ジンベイザメ
  • お兄さんたちが「ここから入れるよ」と言ってますが、ジンベイザメが10頭以上いて、しかもこのエビくさい海に飛び込むのか~!?
    セブ島/ジンベイザメ
  • 迷っていたら子供が先に飛び込んでいきました。そのとき子供がとった画像がこれ↓
    セブ島/ジンベイザメ
  • ※ここではシュノーケリング(料金込み)とダイビング(追加代金必要)ができますが、安全上、ジンベイザメに5M以内に近づいてはいけないという規則があり、近づいた場合は、カヌーのおっちゃんが見ていて罰金を取られるそうです。(といっても、サメが勝手に近づいてくるだけねー!)
  • 11:30頃
  • なんだかんだといって大興奮のジンベイザメ見学が終わり、ホテルでランチタイム。
    その後、少し休憩してからセブに戻りました。
    セブ島/ジンベイザメ
  • 15:00頃
  • ラディソンブルーホテル到着。
  • 18:00頃
  • セブ市内からマクタン島のスペインレストラン「オラエスパーニャ」へ。
    パエリア三昧の夕食で、一人1皿出てきたのにはさすがにお腹一杯でもうムリって感じでしたが、最後にでてきたデザートのチョコレートチュロスが絶品!メチャメチャうまい!みんなハイテンションでチュロスは完食しました。
    オラエスパーニャ
  • 20:00頃
  • ホテルに戻る。
    戻った後もホテルのプールで泳ぐ子供達。大人はぐったりですが、子供達の喜ぶ顔が見れて良かったです。楽しい夏の思い出ができました。

ジンベイザメ見学&シュノーケリング
大人 27,000円   子ども 21,000円

セブ島へ旅行・ツアーをお考えの方は「名鉄観光」へお問い合わせください。

セブ島への旅行はアジアのビーチリゾートが大好きな方にはたまらないディスティネーションです。海の青さと空の青さは世界有数で、ビーチは白くただ眺めているだけで幸せな気分になるでしょう。また、スパ・マッサージは日本はもちろん他国と比べてもお値打ち価格で体験できますので、まさにお姫様気分が味わえます。男性の場合はお殿様というよりプリンス気分でしょうか?⇒ヒロットがおススメです。フィリピン料理は日本でもメジャーになりつつあるので、事前にリサーチするのもありでしょう。ハロハロとか・・
南国のフィリピンでは年間を通して様々なフルーツを楽しめます。最もポピュラーなマンゴーはもちろん、マンゴスチン、パパイヤ、ドリアン、パイナップルなど季節に応じてお楽しみを。セブ島へのご旅行、ツアーのご相談は是非名鉄観光へお申し付けください。

←前のページへ戻る

↑ページの先頭へ

ご来店をご希望の方はお近くの店舗へ
店舗のご案内はこちら

お問合わせは、下記の名鉄観光サービス株式会社まで

メールでのお問合せはこちらから