【名古屋発】デルタ航空で行くアメリカ・カナダ

海外ツアーTOP海外旅行・ツアー専門店 > アメリカ・カナダ専門店TOP > アメリカ・カナダのグルメ・ローカルフード

更新日:2017年3月29日

  • オプショナルツアー
  • カナダOKギフトショップ
  • 外務省海外安全ホームページ
  • 外貨宅配サービス
  • 成田・羽田空港駐車場

アメリカ・カナダのグルメ・ローカルフード

アメリカ・カナダのローカルフードとグルメをご紹介!世界の味が一同に!

アメリカは多種多様な文化が入り混じる、世界一のグルメの国。ラスベガスやニューヨークでは格調高い一流レストランが軒を並べています。
またカナダでは名物のサーモンや、アルバータビーフなど大自然の恵みの食材を生かした料理がお召し上がりいただけます。さらにはバンクーバーでの中華系移民の人たちが広めた中華料理や、新鮮な魚介とカリフォルニア米を使ったお寿司も結構おいしいんです!

ニューヨークのステーキハウス ニューヨークカットの語源を知ってる?

細長くカットされたニューヨークスタイルのステーキ。ちょっとニューヨークの地図を頭に描いてみてください。ニューヨークの中心地「マンハッタン」はハドソン川とイーストリバーに挟まれた細長い島。なんとなくカットされたステーキに似てませんか?真偽の程は定かではありませんが、NYには昔から人気の老舗ステーキハウスがたくさんあります。

ぜひとも、老舗と呼ばれるお店で本場のニューヨークステーキを食べてみてはいかがですか?

ピータールーガー・ステーキハウス/Peter Luger Steak House

ピータールーガー・ステーキハウス/Peter Luger Steak House

1887年創業という歴史のあるブルックリンの老舗ステーキハウス。ザガットでも常に上位にランクインし、全米でも指折りと言れる有名店。ランチ時にはジューシーなハンバーガーも人気。すごい量なので、スタッフと相談して注文を。お土産にはオリジナルのステーキソースも人気です。

ブロードウェイジョー/ステーキハウス/Broadway Joe Steakhouse

ブロードウェイジョー/ステーキハウス/Broadway Joe Steakhouse

1949年に Joe Moreno氏が最初に「Broadway Joe」という自分の名前をとってつけたレストラン。

その後、映画「FBI Story」でも使われたほど、NYのランドマークにもなっている。観光名所の中心に位置するのでアクセスも良く、スポーツチーム、ブロードウェイ俳優たちにも使われることが多い。

「食在溫哥華」(食はバンクーバーにあり)中華の達人はバンクーバーに集まる?

カナダ第3位の人口のバンクーバー、世界各国からの移民のなかでとりわけ多いのが香港系中国人の移民です。カナダ最大のチャイナタウンは”ホンクーバー” (香港系移民が多いため)と呼ばれ、また多くの料理人もバンクーバーに来たため、絶品の中華料理が楽しめます。

麒麟/kirin

麒麟

ダウンタウンで人気の中華料理レストラン、1989年のオープン以来、香港風味いっぱいの広東料理を楽しむ地元客でにぎわっています。特にランチタイムの飲茶は大人気で早めにお店に行かないと待たされます。

▼豚の肉まんは絶品!

豚の肉まん/麒麟

シーフードを食べるなら、港町サンフランシスコ

寒流が沖合いを流れるサンフランシスコは昔からの港町。シーフードは全米No.1といえるでしょう。中でもフィッシャーマンズワーフのPier39には多くのレストランが並び、その味を競っています。

スイスルイス/SWISS LOUIS

スイスルイス/SWISS LOUIS

観光地としても知られたPier39の先端に位置するシーフードレストラン「スイスルイス」は大きく取った窓からサンフランシスコ湾とマリーナが見える素敵なレストランです。自慢のシーフードプラッターはボリューム満点です。

北米のアメリカ、カナダへ旅行・ツアーをお考えの方は「名鉄観光」へお問い合わせください。

アメリカ、カナダにはニューヨーク、ラスベガスなどの憧れの都市やグランドキャニオン、アラスカ、グランドキャニオン、カナディアンロッキー、ナイアガラ、メープル街道などの大自然も多く、オーロラなどの自然現象もご覧いただくことが出来ます。またアルバータ牛、サーモンなどの味覚や世界のグルメが集まるレストランも多く、名鉄観光のパッケージツアーでも名物料理をご用意しています。 アメリカ、カナダへは添乗員同行のパッケージツアーも設定しています。添乗員同行のツアーなら初めての国でも安心です。アメリカ、カナダへ、あこがれの街や夢に見た景色を見たい、と思ったら、ご旅行、ツアーのご相談は是非名鉄観光へお申し付けください。

←前のページへ戻る

↑ページの先頭へ