海外ツアーTOP海外旅行・ツアー専門店 > アメリカ・カナダ専門店TOP > カナダ西部 BC州 バンクーバー・ビクトリア

更新日:2017年3月29日

  • オプショナルツアー
  • カナダOKギフトショップ
  • 外務省海外安全ホームページ
  • 外貨宅配サービス
  • 成田・羽田空港駐車場

カナダ西部 BC州 バンクーバー・ビクトリア

カナダの玄関口 花が咲き、空気が澄み、
自然にアクティビティーをしたくなる「ブリティッシュコロンビア(BC)州」

カナダとバンクーバーの地図

バンクーバー

日本からの約9時間、日本からの直行便が飛ぶ一番近いアメリカ大陸本土がバンクーバーです。
カナダの中では一番温暖な気候で、冬場でもほとんど雪も降りません。海から山までが近く開放感の溢れる都市は気軽にアクティビティが楽しめる町でもあります。

ダウンタウンには世界各国の料理が揃ったレストランもあり、特に香港系移民が多いため中華料理は「食はバンクーバーにあり」といわれるくらい食通をうならせます。

名鉄観光では素敵なBC州のバンクーバーやウィスラーをお楽しみいただけるよう、各種ツアーを設定いたしております。

世界で一番住みやすい街「バンクーバー」

春のバンクーバー

穏やかなバラード入り江と緩やかな稜線を描く山並みに囲まれたバンクーバーは、「30分以内にすべてがある」といわれるキャッチフレーズ通り、海と山と街が一体となって、温暖な気候と治安のよさが「世界一住みやすい街」と呼ばれる所以です。

春には市内のいたるところで花が咲き、夏には沖合いではホエ-ルウォッチング、秋は街路樹が色づき、冬には日帰りでスキーも出来る、まさに四季を通じて住みやすい街、それがバンクーバーです。

名鉄観光ではこの住みやすい街にフリーで滞在型のツアーをご提案しております。皆様の思い思いにバンクーバーを楽しんでください。

スタンレイパークから見たバンクーバー市内。町中に緑が溢れてますね。
▲スタンレイパークから見たバンクーバー市内。
町中に緑が溢れてますね。

あの感動をもう一度 バンクーバーでは2010年冬季オリンピックが開かれました

バンクーバーオリンピック聖火台

バンクーバーで和食を食べるならダウンタウンのジョージア通りにある「亀井ロイヤル」がオススメ。BCロールの発祥地でもあります。
バンクーバーオリンピックに出場したフィギアスケート選手をイメージしたお寿司もメニューにあります。

お寿司

バンクーバーに行くツアーはこちら

古き善き時代の小さな英国 女王陛下の街「ビクトリア」

アフタヌーンティー

バンクーバーからフェリーで約1時間40分、水上飛行機なら30分で到着するビクトリアはBC州の州都です。世界的に有名な「ブッチャートガーデン」をはじめ街中のいたるところにハンギングバスケットに花が溢れています。ダウンタウンは徒歩で散策するのにちょうどよく、エンプレスホテルで英国式のアフタヌーンティーをいただき、「しばし古き善き英国」を楽しんでください。

クリスマスライトアップ/ブッチャードガーデン

ブッチャードガーデン

ブッチャート氏のセメント製造事業によって残された石炭石採石場跡を1904年に夫人が庭園にしたのがブッチャートガーデンの始まり。四季を通じて園内は花が咲いています。クリスマスにはライトアップされてまた違う趣があります。

ビクトリアに行くツアーはこちら

夏も!冬も! アクティビティー天国 ウィスラー

バンクーバーから99号線通称「Sea to Sky Highway」を約2時間、そこは北米一の山岳リゾート「ウィスラー」。2010年の冬季オリンピックではスキーなどの競技会場となりました。ウィスラー=スキーリゾートのイメージが強いのですが、実はウィスラーが一番賑わうのは夏。乗馬、ハイキング、ゴルフ、マウンテンバイク、カヌー・・・ありとあらゆるアクティビティーが揃っています。

ウィスラー スキー/ウィスラー

ウィスラーに行くツアーはこちら

北米のアメリカ、カナダへ旅行・ツアーをお考えの方は「名鉄観光」へお問い合わせください。

アメリカ、カナダにはニューヨーク、ラスベガスなどの憧れの都市やグランドキャニオン、アラスカ、グランドキャニオン、カナディアンロッキー、ナイアガラ、メープル街道などの大自然も多く、オーロラなどの自然現象もご覧いただくことが出来ます。またアルバータ牛、サーモンなどの味覚や世界のグルメが集まるレストランも多く、名鉄観光のパッケージツアーでも名物料理をご用意しています。 アメリカ、カナダへは添乗員同行のパッケージツアーも設定しています。添乗員同行のツアーなら初めての国でも安心です。アメリカ、カナダへ、あこがれの街や夢に見た景色を見たい、と思ったら、ご旅行、ツアーのご相談は是非名鉄観光へお申し付けください。

←前のページへ戻る

↑ページの先頭へ