海外ツアーTOP > 海外旅行・ツアー専門店 > 中南米専門店TOP > ラテンの情熱と熱帯アマゾンとサッカーの国 ブラジル

更新日:2014年8月25日

カタール航空で行く海外旅行 カタール航空ブラジルツアー カタール航空アルゼンチンツアー

  • 外務省海外安全ホームページ
  • 外貨宅配サービス
  • 成田・羽田空港駐車場

ラテンの情熱と熱帯アマゾンとサッカーの国 「ブラジル」

地図1

 南米大陸のほぼ半分の面積を占める大国ブラジル。BRICSの一員として近年目覚しい経済発展を遂げたこの国は、「生命の宝庫」アマゾンの密林地帯、未開の大湿原地帯、乾燥した大地と多種多様な国土を見せてくれます。生物も多種多様で、本格的なエコツアーも注目の的です。
 また、サッカーの国と言われるほど熱狂的なサッカーファンを持ち、音楽では情熱的なサンバやボサノバがラテン魂を刺激します。
言わずと知れたリオのカーニバルは、国内外から数十万人を集める音楽と踊りの一大イベントです。
 また明治以降多くの日本人が入植し、近年は多くの日系ブラジル人の方たちが日本に来ています。こんな遠くて近い地球の裏側「ブラジル」へ行ってみませんか?

↑ページの先頭へ

ブラジルへのルート

地図2

 日本から見て地球の裏側になるブラジルへは2011年10月現在直行便は就航していません。通常はアメリカまたはカナダなどの北米で乗り継いでいくことになります。
 サンパウロやリオデジャネイロへはユナイテッド航空(UA)のヒューストン乗り継ぎ、デルタ航空(DL)のアトランタ乗継、エア・カナダ(AC)のトロント乗継などがございます。
 またヨーロッパの各都市や、中東のドバイ、カタールなどを経由してもスムーズな乗継ぎができます。またお隣のソウルからは大韓航空(KE)がソウル⇔サンパウロ便(ロサンゼルス経由)を週3便運行しております。

↑ページの先頭へ

ブラジルへの渡航手続き

 目的にかかわらずビザが必要です。観光目的の場合は滞在許可日数は90日間。残存有効期間6カ月以上のパスポート(見開きページがあること)、写真、往復航空券、予約確認証または貯金残高証明書、住民票を用意して在日ブラジル総領事館へ申請する。(変更の可能性あり)
(日本国籍以外の場合は大使館へご確認下さい)

駐日ブラジル大使館:http://www.brasemb.or.jp/embassy/consulates.php (外部リンク)

↑ページの先頭へ

カーニバルとサッカーの街 リオデジャネイロ

カーニバル

▲サンボロドームを行進するカーニバルチーム

マラカナンスタジアム

▲サッカー王国ブラジルの聖地「マラカナンスタジアム」
2014年は、あの「マラカナンの悲劇」以来、いよいよW杯
が64年ぶりにブラジルで開催されます。

 リオのカーニバルは毎年2月または3月に開催される、サンバ・グループが踊りながら行進する華やかで陽気なお祭りです。 (開催日はイースターの8週間前の日曜日に始まるため毎年変わります。2014年は3月1日-4日)
 リオ・デ・ジャネイロ市の中心サンボドロームと呼ばれる会場で開催され、世界中から観光客が集まります。
 パレードでは統一されたテーマをもとに、1チーム3,000~4,000人の大規模なグループが行進をして、コンテスト形式で優勝を競い合います。
 華やかな衣装、ダイナミックな音楽とリズム、一度見れば忘れられない行事です。カーニバルを見に行くツアーはホテルの空室や観覧チケットの入手の問題などで組むことは難しいですが、アレンジプランなどで対応は可能ですので、お問い合わせ下さい。またサンバの興奮や雰囲気を味わえるサンバショーも市内でご覧いただくことが出来ます。

 またリオデジャネイロはサッカー王国ブラジルの聖地「マラカナンスタジアム」があります。試合を見るのが一番ですが、試合がないときでも収容人員11万5千人の巨大スタジアムは入場可能で、博物館やロッカールーム、オフィシャルショップなどが見学できます。

リオデジャネイロに行くツアーはこちら

↑ページの先頭へ

大地の裂け目に水が落ちる 世界遺産イグアスの滝

イグアスの滝

▲滝の周辺には遊歩道が整備され、歩いて滝を巡ることも
できます。

 パラナー州最西部の、ブラジル、アルゼンチンとの国境にあるイグアスの滝は、大小様々な滝が連なる大瀑布です。
 高さ70mから落水する滝の数は275もあり、自然の壮大さと美しさを備えています。 滝の周辺はイグアス国立公園として、ユネスコの世界自然遺産に指定されています。
 最も迫力があるのは「悪魔の喉笛」と呼ばれる箇所。近くに展望台があり、イグアスの滝を訪れたなら、ぜひ寄って間近で大瀑布の迫力を感じてみてください。悪魔の喉笛へはボートツアーもあります。

イグアスの滝に行くツアーはこちら

↑ページの先頭へ

緑の大地と生命の宝庫 アマゾン

川の境

▲数kmに渡って続くネグロ川と
  ソリモンエス川の境目。

アマゾンの熱帯雨林

▲雨期には水没ジャングルになる
 アマゾンの熱帯雨林。

 アマゾン河流域に広がるジャングルには多種多様な動植物が棲息し、豊かな生態系を形成しています。雨期には水位が上昇するため、水没ジャングルとなります。
 その広大なアマゾンの中心にあるのが大都市マナウス。19世紀末の天然ゴムの発見による繁栄を誇り、現在はアマゾン観光の拠点となっています。
 観光のハイライトはネグロ川とソリモンエス川が合流する地点では、左右から流れ込むそれぞれの川の水が混ざり合わずに、数kmもの間、境目を残したまま進みます。
 ネグロ川から流れ込む黒くダークな水とソリモンテス川から流れ込む茶色の水が拮抗しあう風景は、アマゾン河観光で見逃せない自然美です。

アマゾン川

アマゾンに行くツアーはこちら

↑ページの先頭へ

ブラジルの味を楽しむ

 広大な国土を持つブラジルは地域によって食文化が異なるのが特長です。一般にアマゾンを含む北部では魚が、大平原の南部では肉が中心のメニューが多く食べられています。そんなブラジル料理をいくつかご紹介しましょう。

豆御飯 シュラスコ パルミート
★豆御飯

ブラジルのみならず、南米では
どこでも出てくる主食。
日本人には赤飯のイメージで
なじみ易い料理です。

★シュラスコ(Churrasco)

ブラジルで最も人気のある料理。
塩で味付けした肉を鉄の串にさして
炭火で焼くだけと言うシンプルな料理。焼きたての肉をウエイターがテーブルへ持ってきて目の前で切り分けてくれる。

★パルミート(Palmito)

肉ではありません。パルミートとはヤシの木の芯のこと。ブラジルではグリルしたり、酢漬けにしたものをトマトなどの野菜と一緒にサラダにすることもあります。

↑ページの先頭へ

ブラジルをはじめ中南米へ旅行・ツアーをお考えの方は「名鉄観光」へお問い合わせください。
ブラジルの旅行ではリオデジャネイロやイグアスの滝、アマゾンのジャングルなど多くの魅力的な観光地がツアーでも楽しめます。サンバショーもご覧いただけます。シュラスコなどのブラジル料理は日本人の口にもよく合います。
ブラジルをはじめ、メキシコ、キューバ、ペルー、アルゼンチンなど中南米の国々へ、一生に一度は行きたい、一度行ったけどまた行きたい、と思ったら、ご旅行、ツアーのご相談は是非名鉄観光へお申し付けください。

←前のページへ戻る

↑ページの先頭へ