まだ見たこともない南の島へ、ミクロネシア連邦チュークへ直行便就航

「チューク諸島」ってどんなところ?
チュークのあるミクロネシア連邦は、約300万㎢の海域に広がる607の島々から構成され、西太平洋の赤道の北側に位置し、ハワイから5,000kmほど西にあります。そのミクロネシア連邦のチューク州は、テレビ番組の「世界絶景100選」で第1位となった「ジープ島」や無人島宿泊体験を始め、野生のイルカと泳げる等世界でも数少ないネイチャー&アドベンチャーリゾートです。また、世界一とも言われるレックダイビングを始め、スノーケラーも楽しめる透明度50m以上のキミシマ環礁等、幅広い世代が楽しむことができるリゾートです。2018年9月1日からニューギニア航空が直行便を成田から運航開始して4時間半で行けるようになります。
チューク環礁
かつての大きな火山島が数千年かけて沈下し、その山頂に当たる部分が大小100あまりの島となって、周囲300キロに及ぶラグーン(礁湖)の中に点在しています。 空港があり州政府が置かれている主島はウエノ島。旧称モエン島で日本統治時代は春島と呼ばれていました。日本で人気の高いジープ島をはじめとした一部離島コテージの宿泊施設を除くと、すべてのホテルはこのウエノ島にあります。ウエノ島の南には、日本統治時代に海軍司令部が置かれていたトノアス島(旧称デュプロン島:日本時代の名は夏島)があり、有名な森小弁の碑や旧病院跡なども残されています。

マリンアクティビティも充実

チューク諸島は、魅力がいっぱい!自由行動の時に是非ご参加ください。 オプショナルプランに合わせて旅行本体の行程も変更可能です。お気軽にご相談下さい。

無人島ツアー
JEEP Island
周囲200キロ以上にも及ぶチューク環礁は世界最大の環礁とも言われており、その環礁内には沢山の無人島があります。それらの無人島をボートで訪ね、泳いだり、釣りをしたり、貝拾いをしたり、とのんびりと海の自然に浸ることが出来ます。人気のジープ島やオローラ島、ヤシの木数本だけのかわいい無人島、アウトリーフに広がる広大な砂浜の無人島など、無人島貸し切りで海の自然をたっぷりと堪能することもできます
アドベンチャー宿泊体験 無人島滞在「オローラ島」
ORORA Island
さらに「日帰りではもったいない」ということであれば、オローラ島で想い出に残るアドベンチャー宿泊体験はいかがでしょう?ブルーラグーンリゾートからボートで30分、日本人または日本語スタッフがお客様を送迎致します。島には現地スタッフが2~3名常駐しており、食事は島で調理してご提供しております。宿泊棟にはダブルベッドを備えた個室が2部屋と5人部屋の大部屋1つがあるので、プライベートを重視したい方にも個室利用にて対応が可能です。清潔なトイレやシャワールームもあり、お湯は出ませんが真水を利用できます。トイレは男女別ですが、シャワールームは男女共用となります。また自家発電の電気があり、日没から夜中の12時まで利用が可能。クーラーはないけれど夜は比較的涼しいので快適に過ごせます。美しい自然の中での「何も無い」贅沢を満喫してください。
ダイビング
Scuba Diving
浅く広大で美しいラグーンを持つチュークは、第二次大戦時の沈没船が見られる代表的なダイビングスポットで、沈船ダイビングの目的地としては世界一かもしれません。水中では、約80隻の艦船(環礁内約40、環礁外約40)が、今では様々な魚の棲むリーフとなり、壮大な海底絵巻を繰り広げています。色とりどりの万華鏡のような世界に息づく、様々なサンゴ群は、昼夜を問わず世界中のダイバーたちの目を引きつけています。特に注目されているのは旧日本軍の航空機運搬船「富士川丸」や特設給油船「神国丸」です。富士川丸の船体はほぼ原型をとどめており、映画「タイタニック」の水中撮影のロケ地に利用されました。

ご宿泊ホテル

空港到着後、現地係員がホテルへご案内いたします。思い思いにチュークの休日をお楽しみください。

トラック ブルー ラグーン リゾート Truk Blue Lagoon Resort
白砂のサウスフィールドビーチに面した南国の自然がそのまま残るホテル。全部の客室にバルコニーがございます。お部屋はもちろんエアコン・バスタブ付きで快適にお過ごしいただけます。またレストランはではローカル食豊かな料理を頂くことができます。またホテルにはダイビングショップも併設しています。
トラック ストップ ホテル Truk Stop Hotel
ホテルのカテゴリーはアパートメント、スイート、デラックスオーシャンビュー、スタンダードのお部屋があり、すべての客室にはエアコン、バルコニー、専用バスルーム、冷蔵庫、テレビ/DVDプレーヤーが備わっています。レストランは毎日午前6時から午後10時まで営業しており、朝食、ランチ、ディナーの食事を楽しむことができます。 隣接する「ハードレックカフェ&バー」ではお好みの飲み物やフライドポテトバーベキューなどの軽いお食事をお楽しみいただけます。

ニューギニア航空

南太平洋のパプアニューギニアのポートモレスビーを基点に南太平洋の島々やオーストラリアへ運行しています。成田からは週2便、水曜日と土曜日に運行して、2018年9月1日からはミクロネシア連邦のチュークを経由するルートで運航を始めます。

旅行代金

まだ見たことのない南の島へ!9月1日より成田から直行便就航 ニューギニア航空で行く!ミクロネシア連邦・チューク諸島

旅行代金(2名様1室利用)
出発地:成田国際空港(発着)
ツアー詳細・ご予約

デジタルパンフレット