阿里山と2つの故宮を巡る台湾縦断4日間

景勝地に出掛けませんか

「鉄道、森林、雲海、日の出、夕霞」という五大奇観で知られる“阿里山”。中でも観光として人気の「阿里山森林遊楽区」でマイナスイオンを浴びながらの散策や3000m級の山々からなる阿里山の雄大さが感じられるご来光は、どんな言葉でも表現しきれず古くから多くの人々を魅了してきました。台湾の大自然の息吹を体感できる桃源郷にぜひ行ってみませんか・・・。

阿里山の魅力をご紹介

イメージ

阿里山森林遊楽区をウォーキング

ゆっくり森林浴を楽しむことができるこの地域は樹齢800年から2000年を超える巨木が立ち並び、中には「神木」と呼ばれる風格を備えたものもあります。霧が立ち上り木漏れ日が揺れる山道を歩いているとまるで太古の森に迷いこんだかのような神秘的な雰囲気に包まれます。

イメージ

祝山(いわいやま)でご来光を見る

台湾で最も有名なご来光鑑賞スポット“祝山”。標高2484mの展望台から拝むご来光は山頂の寒さを忘れてしまうほどに神秘的。雲海や夕暮れとともに阿里山五大奇観に数えられています。

イメージ

阿里山鉄道にご乗車

インドのダージリン鉄道や南米のアンデス高原鉄道と並び世界三大登山鉄道に数えられる名物列車にご乗車(嘉義駅⇒奮起湖駅 約2時間20分)

2つの故宮へご案内

故宮博物院 北院

イメージ

世界四大博物館のひとつ

「宋」「元」「明」「清」の中国四大王朝の貴重なコレクションを約65万点収蔵します。

※注 5/17~10月上旬の間は「肉形石」はご覧いただけません。

故宮南院

イメージ

2015年12月オープン

台北の故宮は中国四大王朝の文物を展示しているのに対し、故宮南院は日本を含むアジア各国の美術品も展示する「アジア芸術文化博物館」と位置づけられ様々な歴史・文化に触れられます。

ホテル・料理にもこだわりました

 

1日目

イメージ

嘉義デラックスクラス

ナイスプリンスホテル

香館内はモダンさと伝統的な文化を調和させた落ち着きのあるゴージャスな雰囲気。日当たり良好な大きな窓と機能的な設備を揃えたお部屋はおすすめです。

2日目

イメージ

阿里山デラックスクラス

阿里山賓館

創業から102年の歴史あるデラックスホテル。阿里山森林遊楽区にも程近く、ちょっとした散歩にも大変便利な立地。2012年館内の設備をリニューアルし使いやすさもさらに良くなり、快適な宿泊が楽しめます。

3日目

イメージ

台北ラグジュアリークラス

マディソン

2014年オープンしたラグジュアリーホテルは、落ち着きのある配色と洗練されたインテリアが自慢の客室は疲れた身体を癒してくれます。

イメージ

「鼎泰豊(ディンタイフォン)」にて小籠包

安定したサービス、皮のサイズから具の重さにいたるまで全店統一したこだわりの品質とその味わいはきっと忘れられない旅の思い出になります。

イメージ

「欣葉(きんよう)」にて台湾料理

素材の味を生かした醤油ベースのあっさりとした味付けと化学調味料を使わない徹底ぶりが人気店の秘密です。

ビジネスクラスで快適な空の旅を

イメージ

手足を伸ばしてくつろげるゆとりのあるシートピッチ
エアバス330機材の場合、シート配列は2-2-2。可動式ヘッドレスト、エア式シートクッション、電動式ランバーサポート、140度の傾斜が可能なリクライニングシステムなどで快適なお休みのお手伝いをします。手荷物収納スペースのご利用も一層便利になりました。(名古屋発一例)
季節に合わせた華やかな機内食
1月、4月、7月、10月の年4回、新しい機内食メニューをご提供します。旬の食材を使い、その季節にふさわしい華やかな盛り付けにもこだわっています。
ビジネスクラスラウンジのご利用
◆セントレア:セントレアグローバルラウンジ
◆桃園国際空港内:ダイナスティラウンジ
◆成田空港:ダイナステイラウンジ
◆関西国際空港:関空エアサイドラウンジ・JALサクララウンジ

チャイナエアライン ビジネスクラスで行く!阿里山と2つの故宮を巡る台湾縦断4日間

旅行代金・ツアー詳細・ご予約はこちら