サーバー証明書SHA-2への移行について

セキュリティを強化し、お客さまに安心してご利用いただくため、現在使用しているSSLサーバ証明書を「SHA-1」から、より安全性の高い「SHA-2」への移行を行いました。
証明書の移行に伴い、SHA-2に対応していないご利用環境からは一部サイトがご利用いただけなくなります。
対象のお客様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解いただきますようお願い致します。

◎対象サイト

・お問い合わせ ・申込ページ

◎ご利用不可になる環境

一部のフィーチャーフォン及びWindowsXP ServicePack2以前の環境でご利用のパソコン

SSL3.0の脆弱性への対応について

インターネット通信で使用する暗号化方式「SSL3.0」において脆弱(ぜいじゃく)性が発見され、暗号化されている通信の内容が漏えいする可能性があると報じられたことを受け、通信の安全性を確保するために、SSL3.0を無効化いたしました。
最新のウェブブラウザの初期設定では特に影響はありませんが、古いバージョンや設定を変更しているブラウザでは、暗号化通信(SSL)がご利用いただけなくなる可能性があります。
暗号化通信を使用する一部ページ(アドレスが『https』で始まるページ)が閲覧できなくなった場合は、以下を参考にウェブブラウザ(Internet Explorerなど)の設定変更をお願いい たします。

Internet Explorerの場合
  • 1. 『ツール』メニュー ⇒ 『インターネットオプション』を開く。
  • 2. 『インターネットオプション』の『詳細設定』タブを開く。
  • 3. セキュリティの中の「SSL3.0を使用する」のチェックを外し、「TLS1.0を使用する」にチェックを入れる。
  • 4. 『適用』 ⇒ 『OK』
  • 5. Internet Explorerを再起動する。
Google Chromeの場合
  • 1. 『設定』 ⇒ 詳細設定を開く。
  • 2. ネットワーク 『プロキシ設定の変更』から『詳細設定』を開く。
  • 3. セキュリティの中の「SSL3.0を使用する」のチェックを外し、「TLS1.0を使用する」にチェックを入れる。
  • 4. 『適用』 ⇒ 『OK』
  • 5. Google Chromeを再起動する。